スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

遊戯王の公認大会規定が変わる

■大会ルール
大会ルールは「マスタールール2」を採用する ←New!!
大会は1マッチ(2デュエル先取/最大3デュエル)で勝敗を決定する
またスイスドロー方式での大会に限り、マッチの引き分けを採用する ←New!!


<スイスドロー方式の大会> ←New!!

制限時間40分を過ぎた時点で、マッチの勝利条件を満たさない場合の勝敗判定
以下の手順に従ってデュエルの勝敗判定を行う

デュエル進行中に制限時間が終了した時:

・そのターンの終了時まで継続。
・ターン終了時に勝敗が確定していない場合「エキストラターン」に突入。
・エキストラターン → 相手ターンから数えて3ターンを実施。
・3ターン中に勝敗が決した場合は、通常通りデュエル終了。
 勝敗が決しなかった場合
 エキストラターン終了時のライフポイントが高かったプレイヤーが勝利。
・エキストラターン終了時のお互いのプレイヤーのライフポイントが同じだった場合
 そのデュエルは「引き分け」とする。

【エキストラターンを経たマッチの勝敗判定】

・3デュエル目進行中に制限時間になり
 エキストラターン処理を終了しデュエルの勝敗を確定する。
 2勝1敗      ⇒ 2勝プレイヤーが勝利
 1勝2引き分け   ⇒ 1勝プレイヤーが勝利
 1勝1敗1引き分け ⇒ 引き分け
 3引き分け     ⇒ 引き分け

・2デュエル目進行中に制限時間になり
 エキストラターン処理を終了しデュエルの勝敗を確定する。
 2勝0敗      ⇒ 2勝プレイヤーが勝利
 1勝1引き分け   ⇒ 1勝プレイヤーが勝利
 1勝1敗      ⇒ 引き分け
 2引き分け     ⇒ 引き分け

・1デュエル目進行中に制限時間になり
 エキストラターン処理を終了しデュエルの勝敗を確定する。
 1勝0敗      ⇒ 1勝プレイヤーの勝利
 引き分け      ⇒ 引き分け



つまり
スイスドロー方式の大会で、いわゆるサドンデスの廃止。エキストラデュエルの廃止。
神奈川CSなどと違い、エキストラターン終了時にライフが動いていたら勝敗は確定する。
サイドチェンジ中に制限時間が終了した場合は、その時点で終了する。

凄く良い改定だと思います。

個人的に問題があると感じていた
2戦目にエキストラターン突入⇒
1勝1敗からじゃんけんで先攻後攻を決めてからの3戦目エキストラデュエル開始
ってのがスイスドローに限りだけどなくなるんだから。
大会も円滑に進むことでしょう。


ただ、問題は選考会期間突入と同時に新ルールが適用されること。
そして、選考基準にある
※引き分けの場合はマッチ数に含まれます。なお勝率計算には含まれません。
という部分。

つまり、1勝29分だったら勝率10割で選考会に進めます。

いつも通りOCG事務局に問い合わせたところ
KONAMI側は30マッチ全てをスイスドローで戦うことは想定していないとのこと。

スイスドローに関するルールを整備したと思ったらこれか…。
間違いなく荒れるで。
 
スポンサーサイト
2011年03月12日 | Comments(1) | Trackback(0) | 遊戯王
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。