スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

海皇水精鱗のデッキ構築について

現制限の構築についてまとめてみるわ。


・深海のディーヴァ
1killパーツであり、このデッキで数少ない1枚で機能するカード。
初手に欲しいしいつでも引きたいから3枚以外の選択肢は今んとこありえん。
ヴェーラーに対する脆弱性もカードパワーを考えたら些細な問題やと思う。
デッキ唯一のトップ解決力持ち。

・海皇の重装兵
ディーヴァと組み合わせることでデッキに柔軟性を持たせてくれる。
採用枚数に関しては1~3枚まで考えられるけど1枚で全く機能せんから今んとこ1枚。
ただ、スロットに余裕が生まれたら枚数を増やしたいカードではある。

・海皇の狙撃兵
スパイクのコストにしたいモンスター&スパイクでサーチしたいモンスターNo.1。
どのデッキでもどんな状況でも相手の伏せがないことは自分にとって有利やからね。
デッキにいなくなるとアウト、1枚でも最低限機能することから3枚投入。
ライフを削る能力はピカイチ。

・海皇の竜騎隊
メガロアビスのコストにしたいモンスターNo.1。
けどあんま書くことない。

・水精鱗アビスグンデ
試験的に1枚採用したけど微妙な枠。
リンデ戦闘破壊→スパイク効果のときは竜騎隊と並んでコストにしたいモンスター筆頭やけど
リンデを絡めないでメガロ単独スタートを切るときに全く仕事せんのが不満。
スパイクでサーチ出来ることを考えて1枚か、構築を寄せて複数枚か…。
分からんかったから1枚で元住吉出たけど正解は今でも分からん。
ただ、こいつ1枚で全くなにもせんのは間違いなく弱い。

・水精鱗アビスリンデ
・水精鱗アビスパイク
書くん疲れてきたから省略。
両方とも1枚減らせないか模索中…。
減らせたら強くなる。けど減らして弱くなったら意味があらへん。

・水精鱗メガロアビス
3枚採用について。
スパイクで竜騎隊をコストに効果を発動した場合
手札にメガロがおるとサーチ先をそのときの状況によって柔軟に選択することが出来るから。
こいつについてはサーチ出来るから減らすってよりもそっちのがええと思う。
それに言うても1killパーツやし。
メガロビートするときも3枚目が欲しいから今んとこは3枚やね。

・カードカーD
先攻カーDスフィアー決めたら勝てそうやから。
って思って採用したけど実際に勝てたデュエルが多々あったからホンマ強かった。
先攻リンデスフィアーセットと比べると天と地の差。
先攻1ターン目のアクションが難しいデッキやし、無難the無難。
手札が増えれば増えるだけ強いデッキやし召喚権のパンクなんて些細な問題。
アドバンテージは遊戯王において不変の正義。

・エフェクトヴェーラー
俺こいつ弱いから嫌いや。
絶対に3枚入れたくない。入れなくて負けたとしても入れない。


慣れんことすると疲れるわ。
けど次はサイドデッキについてさらっと。


・ナイトショット
このデッキは展開するときにヴェーラーは踏んでも構わんけど罠は踏んだらあかん。
サイチェン後は相手の妨害が増えるやろうからこっちも除去を増量して対抗する。
後攻1ターン目から使える点、カーDでドローしても次のターンから使える点から
すでに表になっている魔法・罠には触れんけど砂塵よりも強いと判断した。
サイドチェンジ、サイドデッキの枠がないから1枚だけにしたけど
初手期待値を1枚に近づけることを考えたら2枚にしたかった。
決勝でトビの先攻3伏せにサイクサイクナイトショットでカーD通して
返しにゴーズ降臨させて勝ったときに採用が正解やったと確信した。

・連鎖除外
・大成仏
・暗闇を吸い込むマジックミラー
・混沌の落とし穴
甲虫装機メタ。
それぞれ1枚ずつなのは今をときめく銀弾理論を取り入れたからや。
その出発点は拘束が限定的なくせにサイクで簡単に処理される暗闇ミラーへの不満から。
1.カーガン、開闢などに対応出来ない
2.ギガマン効果装備のギガマンビートに対応出来ない
3.マクロと違って処理された後になにも残さない
4.重ねて引いてもあんま強くない
これらの不満を解消する為に暗闇ミラーだけやったサイドを銀弾理論に従って散らした。
連鎖除外→カーガン、ダンセル召喚に対して致命的なダメージを与えることが出来る
大成仏→後引きでも甲虫装機全てに対処出来る
混沌の落とし穴→4種の内、唯一ダンセルセンチダムド開闢全てに対処出来る
どれも重ねて引いても強くないがそれぞれ1枚ずつ引けば最強のメタカード。
この銀弾サイドこそが甲虫装機に対するソリューションやと思ったし
実際に決勝トーナメントで不利とされる甲虫装機に2回勝つことが出来た。
まぁマクロをサイドから入れられるデッキには必要ない理論やな。

・マジックドレイン
アド確定理論の申し子。
例えばカーDで手札アドを稼いだとしても相手の手札が5枚、自分が6枚やと
そこに明確なアド差は存在せず、勝利を決定付ける要因ともならん。
大切なんはアド差を広げた後、相手のリソースを削ることや。
最も簡単な方法は1対1交換を繰り返すことやな。
相手のリソースが0枚で自分が1枚になったとき、アド差は確定する。
勝利をもたらすパワーとなるんや。
で、このカードやけど、数少ない相手の魔法カードと1対1交換出来るカードやな。
モンスターは除去罠、伏せは狙撃兵サイクで対処出来るけど通常魔法は無理や。
そこでマジックドレインや。
HEROと聖刻はこれ1枚でゲームセットや。
アビスフィアーチェーンサイクもこれ1枚で解決や。
予想外の角度から攻められた相手は悶絶して知るやろうな。
このカードの強さを。
最強や!!
ただ、手札で被るとその弱さが際立ちすぎて敗北まで案内されるから採用は1枚だけ。
忘れたらあかんで。
このカードごっつ弱いからな。
そんな強かったらみんな使ってるわアホか。


終わりや。

じゃあの。
 
スポンサーサイト
2012年08月14日 | Comments(6) | Trackback(0) | 遊戯王
コメント
こんばんは
前回コメントさせていただいて要望通りサイドの考察をしていただきありがとうございます

とても勉強になりました!!
自分も9月以降には海皇水精鱗で大会出てみようと思います
これからも頑張ってください
opo URL 2012年08月14日 20:44:25 編集
No title
またまたコメントさせていただきます。僕はウンディーネ型を作りたいのですが経験も全然なくデッキの基盤がわかりません。少しでも教えてもらえたら幸いですm(_ _)m
cosmos URL 2012年08月14日 21:19:47 編集
>opoさん
応援してますんで頑張ってください。
テッペン URL 2012年08月15日 07:18:18 編集
>cosmosさん
ウンディーネ型に関しては↓のブログのレシピが洗練されていると思います。
実際に元住吉でスト負けしましたし、非常に強かったです。

ぎょにぷり(はちみつさんのブログ)
http://honeycomb.zoku-sei.com/
テッペン URL 2012年08月15日 07:23:26 編集
こんにちは
僕もマーメイルを使っているのですが、サイチェンするときどれと入れ替えた方がいいのか全然分かりません

よろしければ、テッペンさんの構築でよろしいので大会でのサイチェンを教えていただけないでしょうか?

あとテッペンさんはどこのプレイヤーでしょうか?
ジェム URL 2012年08月15日 08:44:39 編集
>ジェムさん
求めている内容と合っているかは分かりませんが
新しい記事で水精鱗のサイチェンについて思うことを書きました。
よかったら読んでみてください。

あと自分は立川によくいるんで立川のプレイヤーだと思います。
テッペン URL 2012年08月16日 00:06:55 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。