スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ネクストレベルカラクリマシンナーズ

略してNLKM。

デッキ構造上、先攻ライオウをされると無理なカラクリマシンナーズ。
だが、そんな先攻ライオウを苦にしない構築があったとしたら…。
カラクリマシンナーズこそが新環境を征するソリューションデッキになるんや!!

ってことで考察。

・カードガンナー
無難な選択肢。
妨害がなければライオウと同士討ちしてアドまで取れる準制限カード。
問題は他の場面でどこまで活躍できるか。
今の構築だと墓地肥やしは美味くないしトップで引いてもげんなりするし。
要検討。

・疾風のゲイル
妨害がなければライオウを一方的に戦闘破壊できる制限カード。
先攻シエンに対しても強いしトップで引いても強いしと万能なとこが良い感じ。
問題は存在が完全にデッキの中で浮くこと。
そんなこと関係ないくらいカードパワーが高いと思うけど実際はどうやろ?

・参参九
戦闘を介さずにライオウを処理できる除去系リバースモンスター。
墓地に送る効果やからシエンも問題なく除去できるのは偉い。
更にカラクリと名のついた星3機械族非チューナーってとこも偉い。
問題は単独ではアドバンテージを取ることができないカードパワーの低さ。
たかが1:1交換。されど1:1交換。


今はゲイルが正しいかなって思ってるけどどうなんやろ?
言うても制限カードやから1枚しか投入でけんけどね。
遊戯王って難しいわ。
 
スポンサーサイト
2011年03月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遊戯王
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。